キャンプしてて良かった!災害時にも役に立つキャンプグッズ

スポンサーリンク


2018年、猛烈な勢いの台風21号が近畿圏に直撃しました。私は大阪在住ですので、もろに受けた感じです。家自体には被害はなく、ホッとしているものの、停電が続いています。また、知人では停電のみならず、断水等もありました。まずはこれ以上被害が広がらない事と、いち早い復旧を心より祈願しております。

また、北海道で発生した地震についても被害が広がっており、いち早い復旧を祈願しております。

また、今回被災して、キャンプをしていた経験や道具が役に立ったという事もありますので、この点につき情報の共有をさせて頂きたいと思います。防災や被災時のお役に立てればと思います。

 

スポンサーリンク

災害時の想定

2018年大阪は災害の年となりました。6月に起きた最大震度6弱の大阪府北部地震、7月の長雨、9月の台風21号等々。これらはいつ発生するかは分かりませんが、今後発生した時にどういう事が起きるかを想定しておく必要があるといえます。

まず、容易に想像できるものとして、いろんなものが止まるという事です。止まるものが何かというと、電気、水道、ガスの供給ですね。これらについての対策をまず考えておく必要があります。

その他、最近はスマホでラジオも聞けますし、連絡も取り合う事ができます。でもそれはスマホの充電がある間だけなので、新たな問題として携帯の充電を意識する必要があります。

停電になったら

ランタン

停電時は明かりがないと不安ですね。
うちは日当たりもいまいちなので、昼でも薄暗かったりします。また、夜は一層に不安になりますね。普段見えているものが見えなくなりますし、どんなに慣れていても何かにつまずくことだってあります。普段から懐中電灯やローソク等常備されていれば良いのですが、懐中電灯は光が直線的なので、見えづらいですし、ローソクはもろに火なので、火事になる事も考えらます。

そういう時はランタンで部屋を明るくすることをお勧めします。きっと心の明かりも灯る事になります。

私が普段使っているランタンはガスランタンとLEDランタンです。

それとLEDランタンではこちらがお勧めです。

 

例えばトイレに行きたいとなった時は、4つうちの1つのライトだけを持ってくことができるので、トイレに行く人にもライトがあり、残された人もライトがありという事で、暗くなる事がありません。
メインのガスランタンとLEDランタンがあれば基本的には停電になっても困る事は無いと思います。

クーラーボックス

あまり停電にはなりませんが、一度なるといつ復旧されるか分かりません。すぐ復旧されればよいのですが、2,3日その状態が続くこともあります。現に今回の台風では未だに停電中の地域もあります。

停電中の不安としては食料の確保というか維持ですね。冷蔵庫にたっぷり食料は入っているのに、暑さのせいでダメになったりすることもあります。

そこでそういう時はクーラーボックスを利用する事をお勧めします。

このシマノのクーラーボックスですが、保冷効果が抜群です。元々釣り用に開発されているので、釣った魚の鮮度を保つために、かなりの時間保冷効果があります。

実際に真夏でもペットボトルの氷もほとんど解けていないぐらいです。

なので停電した場合、冷凍されているものやすぐに悪くなるものを中心にクーラーに移しておくと暫くの間は食品の確保が可能となります。

モバイルバッテリー

最近はスマホでラジオ(myTuner Radioradiko)も聞けますし、当然連絡も取り合う事もできるので災害時には特に必要です。でもその機能を維持するにはスマホの充電がある間だけなので、停電になったとしてもスマホを使えるようにしておく必要があると思います。今の社会における新たな問題として携帯の充電が挙げられます。この問題を解決するものとしてモバイルバッテリーがあります。このモバイルバッテリーがあると数回分の携帯の充電が可能ですので、必ず準備しておきましょう。

また、モバイルバッテリー以外に太陽光を使ったソーラーチャージャーというものもあります。モバイルバッテリーはそもそもバッテリーに充電しておかなければなりませんし、バッテリーの充電がなくなるとスマホへの充電もできなくなります。いざ使おうと思った時に充電があまりされていなかった!みたいな事が実際よくあったりします。

しかし、このソーラーチャージャーだと太陽がなくならない限りは永久に使えるというのがあるので、災害時にもキャンプにも良さそうです。

radiko.jp
無料
(2018.09.06時点)
posted with ポチレバ

停電時は普段何気なく見ているテレビも見れなくなりますし、そういう時はラジオで災害速報を聞いたり、少しリラックスするためにも音楽を聴いたりする事になります。そこで活躍するのがBluetoothのスピーカーです。

このスピーカーは電源につないでいる時は充電されているので、電気がなくなっても暫く使えますし、いつも聞いている音質で聞くことができます。

今回停電になって分かりましたが、停電になり不安な状態で災害速報を聞くとやはり不安が増します。特に耳から入ってくる音がスマホのスピーカーになりいつもと違うというだけで不安でした。そういう時にいつもの音で音楽を聴くことで少しの間ですが不安は解消されリラックス出来ましたので、このBluetoothスピーカーをお勧めします。

このBOSEのスピーカーを普段より使っていますが、10時間の連続再生が可能ですし、音質はBOSEだけあって非常に良いと思ってます。

被災時に必ず必要なものではありませんが、あると心のバランスを保つのに役に立つという事で、プラスアルファとしてお勧めします。

スポンサーリンク

ガスが止まったら

カセットコンロ

私は普段のキャンプよりカセットコンロを使っています。なので、ガスが止まってもカセットっコンロを使う事になります。カセットコンロだとガスも普通のCB缶(いわゆる普通のガスの缶)ですし、経済的です。

私がキャンプで使っているカセットコンロはイワタニから出ている「カゼマル」です。

さすがに風に強いです。家の中では関係ないですが…
災害時は必ずしも家の中という訳ではないので、外でも対応できるようにしておくと、更に安心感が高まりますね。

 

断水したら

これが一番やっかいですね。キャンプをしてても水はどうしようもありません。

家の水は断水しているが、例えば公園の水がでるみたいな事が分かった時は、これに移して運んでくるという事はできると思います。(非常事態なので、ドロボーとは言われないと期待します)

飲み水についてはコツコツとストックしておくしかなさそうですね。

 

という事で、今回の災害で役に立った物の紹介でした。普段よりキャンプをしている事でサバイバル能力が上がっている気もしますし、災害時にも強い事が分かりました。

キャンプをしろとは言いませんが、災害に備えてこういうものを準備しておくことも大事かなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す