【京都府】琴引浜掛津キャンプ場 レビュー 後編

スポンサーリンク


琴引浜掛津キャンプ場レビュー後編です!

前編をまだ読まれていない方はまずはこちらからどうぞ!

【京都府】琴引浜掛津キャンプ場 レビュー

スポンサーリンク

3、特徴

ここ、琴引浜の最大の特徴といえば、やっぱり海のきれいさでしょうか!
ホンマにきれいです!

水が奇麗だし、透き通っているので、魚やイカが泳いでいるのにしょっちゅう遭遇します。
子供も大はしゃぎでした。

写真は撮っていませんが、この日、普段深海にすんでいるタコが何故か表面迄迷い込んできて、みんなでこれなんやろ~みたいに見てたら、急に脱皮して「うわー」みたいに大盛り上がりしました。
そんな珍しいこともここではあります。

また、ビーチからちょっと先に小さな島があるのですが、この辺りは少し深く、大き目の魚が泳いでいたり、サザエ等の貝もいっぱいあり、魚突きをしたり、素潜りをしたりすることもできます。本当に豊かな海だと思います。

そんな私はこんなことして遊んでました。

その名も「シュノーケリングフィッシング」。

これやる際は安全にだけは気をつけて下さいね。これは超楽しかったです。魚が見えるので、そこに落とす事で魚との駆け引きを始める事ができます。海に行ったら是非やってほしいですね。

私もそこそこ泳げるのですが、この釣りをする時は夢中になりすぎるのでライフジャケットを着用してます。釣り以外の時は着用しなくて良いので、↓みたいな安いので十分です。

安いから?あまり浮力はありませんが、沈まない程度でちょうど良い感じでした。

「着たら分かる、やっすいやつや~」という事はありませんのでご安心を。

購入時はサイズには気をつけて下さいね。

次の特徴として、これも最大の特徴の一つですが、ビーチに温泉があります。

ちょっと見づらいのですが、真ん中の黒いやつです。体が冷えてきた~と思ったら、温泉で温まる事ができます。温泉で温まる事で疲れも一変に吹き飛び、いつまでも遊び続ける事ができるようになります。

また、温泉につかりながら見る夕焼けがサイコーでした。

尚温泉は9~18時の間だけなので、夜入ろうと思って暗い中行ってもお湯ありませんのでご注意を~

スポンサーリンク

4、周辺

牧場

琴引浜より車で3分ぐらいのところに牧場がありました。うちの家族の半分は牛乳嫌いというのもあり、行っていませんが、美味しい牛乳が飲めるかもしれませんよ~。

スーパー

車で10分程度でしょうか。めちゃくちゃでかいスーパーがあります。

フレッシュバザールというお店ですが、ここで何でもそろいます。また、2袋まで氷ももらえるので、ビール買って行っても暫くは冷え冷えを飲めますよ~。

イオンとかと変わらないぐらい大きなスーパーなので、ほぼ何でもそろうと思います。

ちなみに初日のお昼ご飯もここでお弁当を買って食べました。

カレーにコロッケとから揚げをトッピング!海といえばBBQもいいけど、カレーもサイコーでしたよ!!

フレッシュバザールの近くにコメリもあるので、炭とか花火とか浮き輪はそこでも良いかもしれません。

コンビニ

海からスーパーに行く途中(5分ぐらい)にローソンがありました。スーパーがあるので、コンビニはスルーですね。

たった一つだけ、残念な特徴が、虫が多いという事です。小さい虫が多いという事であればまだ我慢できるのですが、アブ?みたいなのが良く飛んできていました。自然は好きなのですが、そんなに大きい虫で噛まれたら痛いやつとかは嫌いですので、すぐに殺虫スプレーで飛んで来たら「シュー」、飛んで来たら「シュー」をしてたら、そのうち来なくなりました。予防の効果もあるのかもしれませんね。

そんな虫よけですが、「虫よけランタン」というものがあるみたいです。コメリに行って探してみましたが置いてなかったので、ネットで注文する予定です。

 

ランタンと虫よけが一体になっているやつで、結構効果があると聞いています。アブには効かず、蚊だけかもしれませんが、キャンプでの「敵」には間違いないので、しっかりと対策していきたいですね。

5、〆のお風呂

〆のお風呂はフレッシュバザールの近くにある静の里(しずかのさと)という温泉です。

高台にあるので、景色は最高です。

露天風呂はもっと高い位置にあるため、もっと景色が良かったです。(さすがに写真はありませんが…)

大人600円
子供400円

先にチケットを買い、2階の番頭さんへ渡して入浴します。

上がって退屈したら、↓↓↓↓でごろっとすることもできます。

子供は簡易ゲーセン的なものもあります。

温泉の近くにも別のビーチがありましたが、琴引浜程惹かれる事はありませんでしたので、行きませんでした。。

という事で、京都の琴引浜のレビューでした。残り少ない夏ですが、是非楽しんで下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す