【京都府】琴引浜掛津キャンプ場 レビュー

スポンサーリンク


夏はやっぱり海ですよね~!
海でキャンプが出来ると最高ですよね~!!という事で京都府にある琴引浜にて海キャンプしてきましたので、そのレビューを書きたいと思います。
夏の海シーズンも残り僅かですが、是非参考にしてもらえればと思います。

関西では私が知る限りきれいな海はない(あれば教えて下さい!)のですが、ここ琴引浜はめちゃくちゃきれいで、透明感は抜群です。
キャンプは出来ないけど、、、という方でも是非海水浴だけでも行ってみてください。

本当に良いですから^^

琴引浜を★評価すると★★★★★★(6/5)の120点です。
詳細は以下にて述べていきます。

スポンサーリンク

1、場所

場所は京都府京丹後市網野町掛津地区にあります。

Googleで「琴引浜」と検索したらすぐに出ます。

全く穴場感はなく、人気のスポットといえると思います。なので休日は人が多いので、可能であれば平日

をお勧めします。今回私も平日から木・金・土と行ってきましたが土曜日は人が多く、サイトもごちゃごちゃでゆっくり出来る感じでは無かったです。平日だと夏休み中でも使ってないサイトもあったりして、静かにゆっくり過ごせました。

この辺りの有名な見どころといえば宮津市の「天橋立」があります。高速下りて天橋立に寄って、あるいは帰りに寄ってという事でも楽しめます。

大阪の自宅からは2.5時間程度という感じしょうか。元々は宮津天橋立ICで下りて行っていたのですが、無料のバイパスが京丹後大宮まで伸びているので、ここで下りると近いです。私の車のナビではこの道は存在しない事になっているので、Google Mapのナビと併用してます。(ちなみに私の車のナビでは新名神も存在していないので、高速で道を間違ってしまい、全く分からず、ナビ上道が存在しないところに出てしまった事があるので、Googleを併用するようにしてます)

2、キャンプ場概要

キャンプ場は海水浴場の奥に位置しており、まず海水浴場の入り口で止められます。そこで「駐車料金お願いします」と声をかけられるのですが、とりあえずは「キャンプです~」と答えると、じゃあどうぞという事で通過させてもらいます。キャンプ代と同時に精算というだけなので、ぬか喜びは厳禁ですよ!ただ、管理棟が17時で閉まるので、それ以降に入る場合は当日の駐車場代は不要というか徴収されません。

一番奥まで行くとまずは駐車場に車を止めます。このキャンプ場は予約ができないため、空いているサイトを見つける必要があります。なので、まずはサイトを見つけてからキャンプができそうだったら、そこにいる管理のおっちゃんに「●泊でお願いします」と言って、先払いで精算します。夏休みの平日でも昼間に行くと駐車場に車を駐車する事はかなり難しいですし、キャンプサイトも人がいっぱいなので、ちょっと焦りますが、夕方になるとほぼ帰りますので、夕方より本格的にサイトを探せば十分にいい場所が確保できます。

但し休日の場合は競争がかなり激しく、日が昇るのと同時に、寝る時には空いていたサイトでカーン、カーンとペグを打ち込む音が聞こえてきます。時計を見ると朝5時…ゆっくり楽しむ為にキャンプに来てるのにと競争社会に戻った気がします。
朝6時で駐車場満車、ちょっと出遅れ感があるが、まだサイトもあるので少しは選べます。7時になると空いたサイトはほぼなく、駐車場も遠くと完全に出遅れです。ややもすると泊まれないかも、あるいは超辺鄙なところか、半分通路で見たいなところで気が休まらないという感じでしょうか。とにかく休日は競争が激しいです。

なので、可能であれば平日を絡めての方が良いですね。

琴引浜キャンプ場は海(ビーチ)に面したちょっとした丘にあります。

サイトにも寄りますが、海に近いサイトの場合10秒程度でビーチまで下りる事ができます。なので思い立ったらすぐ海にいける一方で、サイトもビーチの上ではないので砂まみれになる事もなく、ちょうど心地よい感じで過ごす事ができます。

サイトの入り口

松の木が多いです。私はテント張ってもハンモックで寝るので、木が多いと助かります。

私はヘネシーハンモックというハンモックを使っているのですが、こいつが優れものなんです。

 

一つ難をいうと、寒い。うちは夏キャンプに行くと寝袋ではなくタオルケットにくるまって寝るのですが、ハンモックだと守ってくれるものがせいぜい屋根と蚊帳ぐらいなので、28度ぐらいでも意外と寒いなと感じます。なので、最低限寝袋はあった方が良いと思います。写真を見てもらったら分かりますが、このハンモックには蚊帳がついていますので、夜寝ていても蚊に刺される事はありません。
また、屋根もついているので、雨が降っても大丈夫です。しかも雨が降っても地面に接していないので、テントと違って下が濡れる事もありません。
最近はキャンプに行く度にハンモックで揺られながら寝ることにしています。

2個セットでこの価格は安っ!あとはどれだけ小さくなるかですね。

 

トイレ

朝早くからスタッフのおじいちゃん、おばあちゃんが丁寧に清掃してくれているので、比較的きれいです。

流し

普通の流しですが、使った後の水がそのまま下に流れていきビーチまで行っている様です。洗剤なども最小限でお願いします。

ゴミステーション

キャンプでゴミを捨てることができるのが良いですね。さすがに持って帰りたくないです。炭やBBQの網なんかも捨てて帰れます

キャンプ料金

キャンプ料金ですが、以下の様になっています。

テント1張り:3,000円/泊
タープ1張り:1,000円/泊
駐車場          :1,000円/

今回私は2泊したので、以下のようになりました。

テント:3,000×2=6,000
タープ:1,000×2=2,000
駐車場:1,000×3=3,000

合計 11,000円/2泊3日

普段の私のキャンプからすると割高なのですが、ここは好きなので特別かなと思っています。

続きは後編で~!

【京都府】琴引浜掛津キャンプ場 レビュー 後編

スポンサーリンク

コメントを残す